浅草寺の雷門とは?江戸の風情溢れる下町・浅草の浅草寺と仲見世の見どころ

浅草寺の雷門とは?江戸の風情溢れる下町・浅草の浅草寺と仲見世の見どころ。東京都

浅草寺の雷門とは?江戸の風情溢れる下町・浅草の浅草寺と仲見世の見どころ
東京都は関東の南側に位置する日本の首都です。世界でも最大級の都市で有名であり、東京都中心部には史跡や高層建築、ショッピング施設、夜景スポットなど多くの名所があります。

浅草寺 | Sensoji (Asakusa Kannon Temple)

提灯 © tutu クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/
浅草寺に飾られた提灯です。このような提灯は、提灯屋さんが全体のバランスを見ながら、下書き無しで書き上げる職人芸と言われていますが、この文字を書く際にある工夫があるそうですが、その工夫とは何でしょうか?
ヒントは、この写真をよーく眺めてみると少し予想がつきます。
正解は、提灯は高いところに設置されることが多く、観光客が提灯を見上げた際に、提灯に書かれた協力してくれた店名などが見やすいように、見やすくされています。 雷門の大提灯も、文字が下まで回り込んでいると言われてます。

628年創建という「浅草寺(せんそうじ)」は、都内最古の由緒あるお寺です。一年中いつ訪れても観光客で賑わう、日本有数の観光名所です。「雷門」から境内まで伸びる参道「仲見世」から漂ってくる江戸の風情があり、見ているだけで楽しくなってきます。活気あふれる下町・浅草ならではかと。

Sensoji (Asakusa Kannon Temple) |Japanese Magnificent Scenery Tokyo

仲見世通りをまっすぐいくと、左右2体の仁王像が守る「宝蔵門(ほうぞうもん)」があります。この写真の見事な門をくぐった先には、高さ4.5mのわらじが掲げられています。こんなにも大きなわらじを履く者がこの寺を守っていると驚き、魔が去っていくと言われておりますので、浅草においでの際には、ぜひ浅草寺をお参りしてみてはいかがでしょうか。おでかけの際にはマスクも持っていった方がよいかもしれませんね。
所在地〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1



さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!いかがでしたでしょうか?楽しんでいただけましたら、また読みに来ていただけたら幸いです。少しでもお役にたてたらと思います。この記事が気に入ったらシェアをお願いいたします♪





↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ
にほんブログ村


基礎知識(株)ランキング

Sensoji (Asakusa Kannon Temple) |Japanese Magnificent Scenery Tokyo
ぽちだんごブログの最新情報をチェックしよう!