粉飾決算、会社乗っ取り、クーポン詐欺とは?女子大生会計士の事件簿〈DX.1〉ベンチャーの王子様|山田真哉|角川書店

粉飾決算、会社乗っ取り、クーポン詐欺とは?女子大生会計士の事件簿〈DX.1〉ベンチャーの王子様

粉飾決算、会社乗っ取り、クーポン詐欺とは?
こういった疑問に答えていきます。
かつてない超実用的ビジネス・ミステリ、デラックス版として文庫化!
会計、簿記の分野をミステリー化!
公認会計士や税理士、経理部員といった会計業界を目指している方。
簿記など会計の基礎を学び始めようとしている方。
会社の決算書や株式などについて興味のある方。
そういった方々には、この本が勉強の手助けにもなると思います。
会計を舞台にした小説の世界を存分に楽しんでくださいね。

本の概要

キュートな女子大生会計士・萌実と新米会計士補・柿本が監査の先々で出くわす奇妙な〈事件〉。
粉飾会計、会社乗っ取り、クーポン詐欺など、バラエティ豊かな謎を解くうち、会計についての知識まで身につく!
発売日: 2004/10/25
ページ数: 235ページ

本のレベル

・初心者向け

・分かりやすさ

・専門性    




本の感想(まとめ)

会計の世界は奥が深い。基本的に会計、簿記は難しい学問だと思われがちですが。。。

勉強したことがない人にとっては専門用語の羅列でより難しく思わせてしまう会計、簿記。それを面白おかしく伝えてくれる良書だと思います。勉強と読み物としてのおもしろさがあるので二度お得です。

ただし、ミステリー好きにはもう一捻り欲しいと思わせるかもしれませんが、作者の書きたかった会計の事件性は読んでいると分かる気がします。

主人公が女子大生でストーリー性がありとっても読みやすいです。会社の監査とはこんな風なことをしているんだと勉強になります。監査は悪事を追及するというかは、単に事実を見つけることだということ。でも時にスリリングです。

主人公の性格がスパッとしてるから、後味がよい。でも、文庫のトップにも書いてあるけど、会計業界を目指してる人とか会計の基礎を学ぼうとしてる人には、この本は勉強の手助けになる。

女子大生会計士と新米会計士補のコンビが、監査に訪れた事業所で出くわす事件を解決していくお話。謎解きがあるのでミステリというジャンルに間違いはないけれど、殺人事件とかが起こるわけでないです。

会社の粉飾決算とかそういう会計絡みの事件の謎解きをするヤツ。ちなみに著者は公認会計士で、あのベストセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』を書いた人だった。

公認会計士の仕事って?と、大まかな知識を得たい人にもおすすめ。シンプルな人間関係の登場人物が、謎を解いていく過程で会計の仕組みが少しでも学べるところは、とても面白い♪続きも読んでみたい、そんな作品です。

≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧

女子大生会計士の事件簿に興味をもったらどうしたらいいの?

女子大生会計士の事件簿に興味をもったんだけどどうしたらいいの?と思ったら、まずは、下記の山田真哉の作品一覧をみてみましょう。まずは、女子大生会計士の事件簿シリーズ(Kindle版を見てみるのもよし)を読んでみて、この他の作品を読むのもよいかもしれませんね。

山田真哉の作品一覧

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ
にほんブログ村


基礎知識(株)ランキング

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!いかがでしたでしょうか?楽しんでいただけましたら、また読みに来ていただけたら幸いです。少しでもお役にたてたらと思います。この記事が気に入ったらシェアをお願いいたします♪

粉飾決算、会社乗っ取り、クーポン詐欺とは?女子大生会計士の事件簿〈DX.1〉ベンチャーの王子様|山田真哉|角川書店
ぽちだんごブログの最新情報をチェックしよう!

会計の最新記事8件